株式会社アロー建物管理は、関西・大阪の建物管理会社です。不動産事業全般、高齢者住宅の企画・開発・運営を手がけています。

中期目標(2010年)

株式上場を中期的な目標に設定、不動産証券化事業、高齢者ビジネスを展開。

 弊社は、「不動産ソリューション事業」及び「シニアレジデンス事業」という二つの事業を柱に、お客様の住生活を快適なものにできるよう、日々努めております。その中でも創業以来のコア事業である賃貸不動産管理事業を通し、培ったノウハウと蓄積された情報を基に、新たな事業やビジネススキームを創出し、更に各事業間のシナジー効果により、更なる事業の拡がりと発展を生みだしております。
 中期目標の概要といたしましては、まず既存事業の更なる拡大として、管理戸数を年毎10%の増加を目標に掲げ、既に参画しているパーキング事業へより注力いたします。シニアレジデンス事業においては、企画・管理・運営戸数5,000戸を当面の目標といたします。
 今後も継続的に、既存事業の拡充と新たな事業ドメインへの進出を行なうため、より強固でかつ安定した収益基盤を確立してまいります。




不動産ソリューション事業シニアレジデンス事業





PAGE TOP